「はどう」は「波導」派

ポケモンの記事を書いています

【S10】オニゴーリと仲良し4匹組【最高2096】

 こんにちは。ルカです。

 今期は普段の並びを一部変更したので、その変更点と雑感を記事として置いておきたいと思います。

 

サムネ

 f:id:LucaGori:20180710054432p:plain

最高レート

 f:id:LucaGori:20180710054451j:plain

 

 

以前の構築

lucagori.hatenadiary.jp

 

 

 

* 簡易紹介

ルカリオ @メガ石

ミミッキュ@ミミZ

ガルーラ @メガ石

クレセリア@ゴツメ

ジャローダ@タスキ

オニゴーリ@残飯

 

 

個別紹介

※前記事との変更点を主に

 

ルカリオ

 f:id:LucaGori:20180710054536g:plain

持ち物:ルカリオナイト

性格 :臆病

努力値:CS252 D4

技構成:気合 ラスカ 悪だくみ 真空波

 

気合玉当てろ。

 

 

ミミッキュ

 f:id:LucaGori:20180710054632p:plain

持ち物:ミミッキュZ
性格 :意地っ張り

努力値:AS252 H4

技構成:じゃれ かげうち 剣舞 電磁波

 

じゃれ電磁波当てろ。

 

 

ジャローダ

 f:id:LucaGori:20180710054650g:plain

持ち物:気合のタスキ
性格 :臆病
努力値H68 B188 S252

技構成:リフスト 宿り木 身代わり 蛇睨み

 

リフスト宿り木当てろ。 耐久タスキは凄く強い。ミミガッサをリフスト×2で落とせるまでCに割いてもいい。

 

 

オニゴーリ

 f:id:LucaGori:20180710054718g:plain

持ち物:たべのこし
性格 :臆病
努力値:H172 B12 C36 D36 S252

技構成:フリドラ 零度 守る 身代わり

 

零度当てて偉い。このポケモンの動きは使って慣れるしかないと思う。

 

 

ガルーラ

 f:id:LucaGori:20180710054853g:plain

持ち物:ガルーラナイト
性格 :意地っ張り
努力値:H196 A252 B4 D12 S44

技構成:グロパン 捨て身 ほのパン 不意

 

 変更点。グロ捨て身で6世代なら飛んでいた。

 非常にスペックの高いポケモンだと感じたが、私の動かし方が悪く、特に不意打ちの使い方が下手だった。捨て身の爆発力は非常に高く、その分削れるHPは裏のクレセで蘇生でき、雑に使っても強かった。今期中盤からギャラの枠と変更。理由は後述。

 

 ほしりんさん個体提供ありがとうございます!

 

 

クレセリア

 f:id:LucaGori:20180710054737g:plain

持ち物:ゴツゴツメット

性格 :図太い
努力値:H252 B252 D4

技構成:こご風 電磁波 月の光 三日月の舞

 

風と電磁波当てろ

私はジャラの誤魔化しをこいつでしていないので、余り不便を感じなかったが、ジャラを見るならBを少しDに回してZ後のスケイルノイズの乱数をずらした方が良い。

 

 

雑感

 

 ルカリオは嫁なので左上。一応ハッサムカミツルギグロス入りサイクルなどゴーリが誘うやつらに強い。また、起点ゴーリの性質上ラスイチかそれに近い状況になることが多い為、単独で強力な勝ち筋となるポケモンにしたく突破力のある特殊で採用。

 

また、ゴーリでミミッキュの皮を剥いだ後の通りが非常に良いパーティも多く、グロス増加の背景もあり前期より選出できた。

 

 

 コンセプトとして、起点ゴーリと対面ゴーリの共存があり、ジャロゴーリ@1とガルクレセゴーリorミミのような選出パターンを使い分けることが出来る。 特にジャロゴーリクレセの選出が非常に強力で、半分以上はこの選出だった。

 

 

 S9以前からの変更点はギャラ→ガルーラのみなのだが、変更した理由としてギャラの選出率がガタ落ちしたからだ。これは、私の使っていたギャラの構成上カバやリザ、ガモスなどに簡単に止められてしまい(ギャラについては前記事参照)、それらが居るだけで選出を躊躇ってしまっていたからである。

 

そこでギャラに代わる枠を考えたのだが、ガルクレセゴーリの並びができ、また広い範囲に対応できるガルーラを採用した。 ガルーラは上記のポケモンに有利というわけでもないのだが、高い耐久と火力で対面処理が可能であり、裏のクレセのサポートを受けることで非常に良い活躍をしてくれたので、この変更は正しかったと思う。

 

しかし、ガルーラの使用経験が6世代から殆どなく、上手く活かしきれなかったのが非常に悔やまれるところだ。

 

 

  ルカリオを除いた4匹が、そのままゴーリと組んでいるポケモンベスト4であったので仲良し4匹組と呼んでいる。

 

 

 シーズンを追う度にゴーリの個体数が増していき、またメタ張りも強力になっている為、起点ゴーリが非常に辛いシーズンであった。特に虫Zガモス、身代わり顎の個体数の増加が辛く、ガモスについては諦めるしかない。呪い電磁波ミミも増え、起点ゴーリが簡単に通る試合は少なかった。そのため、後出しから無理矢理麻痺を撒き蘇生できるクレセリアが強く、ジャロゴーリクレセと並べることが殆どであった。

 

 

 クレセは今期多かったグロスそこそこ安定し、またニトチャその他S↑してくるポケモンへの誤魔化しとなるこごえる風が非常に強力。

 

 

 私の構築はゴーリ選出が9割を超え、クレセミミジャロは単体性能に欠けるため、ゴーリを通さない場合はパワー負けしやすい。こういった並びを個人的に積極的ゴーリと呼んでいるため流行らせたい。

 

 

 書きたいことは沢山あるが、これ以上とりとめなく書いても仕方ないので、興味のある方にはぜひ自分で使っていただきたく思う。

 

 

今期の使用構築のQRhttps://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-F528-4733

 

 

 

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました! 正直満足できる結果ではないので来期頑張りたいと思いますb また、対戦頂いた方も重ねてありがとうございました。今後とも是非よろしくお願いいたします!