「はどう」は「波導」派

ポケモンの記事を書いています

選出

こんにちは。ルカです。
簡易メモと合わせて、7世代最後の記事となります。興味のある方は是非見てくださると嬉しいです。


私のパーティは選出が簡単で、だいたいの対戦で選出に時間をとりません。


その時なにを基準にして選出しているかを話そうと思います。
パーティ
【S15レート2000達成・第三回ボスラ使用構築】ルカリオジャロゴーリ【ボスラ17/138位】 - 「はどう」は「波導」派

立ち回り
ルカゴーリのすべて 立ち回りと選出の簡易メモ - 「はどう」は「波導」派


相手ポケモンの評価

ポイントは
オニゴーリの起点
・みがわりがあればゴーリで勝てる
・回避ひけたら勝てる
・麻痺がないと勝てない
オニゴーリが流される


大雑把にだいたいこのくらいです。



相手の6匹とゴーリとの関係をみた後、ゴーリを通すためにはなにが必要かを考えます。基本的にクレセゴーリ@1での選出なので、それで勝つために補完の1匹を選びます。


選出基準詳細

さて、ポケモンの評価のところで、具体的にどのようなやつが当てはまるのかも、PGLのシングル使用率TOP30のなかから書いていきたいと思います。

クレセゴーリの@1を決める基準ですね。

まず一番警戒する項目から
(→は対策方法 書いてないやつはクレセで見る)

オニゴーリが流される

⇔麻痺や能力に関係なくゴーリに勝てる確率が高い

一番@ 1で対策したい 警戒度3

ミミッキュ →ドラン>ミミ>ジャロ>ルカ
連続技持ち →お祈り ミミで強行
フーディン →ミミクレセを絡めて麻痺らせる
滅びゲン  →零度お祈り≧ミミ
虫Zガモス  →ドラン>零度祈り+ミミ
舞ガルド  →ジャロミミドランいずれか
カバルドン →ジャロ>意図的ラスイチ
エアームド →意図的ラスイチ>ルカリオ
ステロ吠えるドラン →意図的ラスイチ
ジャラ   →ミミ 但しミミよりなげたいやつがいたらクレセで誤魔化す

麻痺がないと勝てない

⇔どの能力でも身代わり破壊

警戒度2

聖剣ガルド(他ツルギ除く必中系)→裏を見て麻痺撒きに適したポケモンをだす>ドラン

回避が必須

⇔零度当てないと勝てないor少ないターンでゴーリを倒せる可能性を持っている ただし能力を満たせば起点

警戒度1

瞑想コケコ→ジャロ
ガモス →ドラン>ジャロ>ミミ
ルカリオ→物理にドラン 特殊にミミ
グロス
バシャ

みがわりか麻痺があれば起点

警戒度0 ジャロなげ
バシャ(ゴーリが遅い時のみ) 毒グライ 他ゴーリより速く、3/4以上のダメージを与えてきてリストに上記されてないやつ

回避が必須系はこの要素も含んでいる。しかし、ゲンガーや速いランドなど高速中火力連中はこっちにしか入らない。ようは速いけど被弾なくターンを稼げるならここ。

起点

優先度0 ジャロ投げ
ゴーリより遅いポケモン且つ必要能力が複数あり、どれかを満たせばみがわりが安定する

微妙


ほぼ五分であり

・必要能力を引ければ起点だが、要求が大きい
・起点だが能力が下がったら一気に負けになる
・クレセで誤魔化せる
・単体で起点だが、基本並びでいる

やつらのどれか

→お祈り 立ち回りで対策する
優先度1≧ あまり意識しないが対応枠を出せるならだす クレセで対応できるならジャロ


紹介順に警戒

〈並びで見てくる要注意ポケ〉

遅いとんぼる系(ヒトムボルトジバコサンダー他)
裏にゴーリをワンパンできるやつがいるとサイクル不利なためDor回避or裏に勝てる能力を釣りサイクルして引く必要がある 挑発ボルチェンコケコもこれに当たる

ヒトムグロスのヒトムは限りなく1に近いか、それ以上に警戒している。それ以外のヒトムはほぼ警戒していない

〈能力の下降次第〉

ガッサ
弾数と命中とBとCとS次第 この能力が全て0以上ならクレセと一緒にだいたいなんとかなる

〈能力要求量が大きい〉

バンギ
Bと回避(エッジ素避け込み)と龍舞択

ヒレ
基本どの型でも起点なのだが、能力が噛み合わないと普通に負ける 特に挑発瞑想と速いやつ

ギャラも若干この評価に近いがこっちはクレセでなんとかなる度が高い  


ナットレイ
呪いか鉢巻きじゃなかったら起点。Bと回避次第で負けるが、ほとんど負けないため位置付けが難しい 

〈ゴーリ単体だとキツいがクレセで見れる〉

ガル
グロウや炎P持ちでも身代わりを貼るとそこまで負担がない クレセで誤魔化せるのが一番大きい
起点にもならないし回避は必須じゃないし、身代わりあっても関係ないし、かといって高確率で流してくるわけでもないという特殊なやつ




このように勝てるポケモンや勝てないポケモン、条件付きで勝てるポケモン、立ち回りで見るポケモンを全て把握して、対策の優先度をつけ選出を決めます。
優先度を足し算して@1を決めましょう。



まとめ

ざっくり説明すると

クレセゴーリで大抵勝てそう→ジャロ
クレセゴーリで勝つのは少し大変だけど、無理ではない→誤魔化しミミッキュ
例)テテフランドゲンガー


クレセゴーリで勝てるが、サイクルを回す必要がある→ヒードラン
例)カバリザミミ


クレセゴーリで勝つのはしんどい→ルカリオ
例)毒菱ウツロ展開 ハッサム+水枠 ミミムドー


クレセゴーリ@1では対応不可→ゴーリ@2

ゴーリいなくても(いないほうが)勝てそう→@3

例)ランド顎ハッサムコケコゲコ@1みたいなの


という感じで決めています。クレセゴーリ@1選出ができないときは結構悩んで決めることが多いです。



ちなみに、ルカリオはあまり信用していません。このポケモン、普通に強くて私の構築の必要な要素なのですが、きあいだまを2回はずさずに当てる必要がありそうと感じたら基本ゴーリを優先して投げます。1回しか当てなくていいor外してもいいならルカリオを優先してます。


ルカリオというよりきあいだまを信用していないってほうが正しいですね。ゴーリは信用してるのに謎だ。



選出順ですが、ジャロゴーリクレセはジャロ先発。他はゴーリ先発が基本です。ルカリオミミッキュは仮想敵次第で先発起きします。



先発を読んで順番を決めているのですが、受からない場合以外はゴーリ先発が全対応なので、ジャロゴーリ以外はゴーリがほぼ初手です。



全対応というのは、ゴーリ不利な先発を読めていても受けだしできるなら、読みをはずした時のケアができるということです。


ルカリオやミミを当てたい相手が初手に来そうなら優先しますが、例えばグロスマンダが初手っぽかったとしてもクレセを合わせることはほとんどしません。


これで終わりです。
7世代本当にありがとうございました。そしてお疲れさまです。
色々と思い出を多く作れた世代でした。8世代でもまた沢山の思い出をポケモンと共につくりたいです。

それではまた。